IMG_1560.jpg

SICF22 Winners Exhibition

​Installation

​2022

この作品の光の細胞は、物体の表面を微細な穴で埋め尽くした末に生み出された。無機質に見えるプラスチック製品が光の細胞を宿すことで、新たな生命感を得ていく様に魅了された。プラスチックの原料である石油は、太古のプランクトンの死骸が、長い年月をかけて大地の熱や圧力を受けて生まれたものだ。

穴をあけるという行為は、この素材が持つ起源を露わにし、心象風景として再生させるためにある。


more

 

A8E24287-3FD1-4290-870B-8D0595E91826.JPG
4567990F-9559-4472-97B0-DDD80CD49BFF.JPG
F007337D-4C1D-484D-8D2C-A9DE4336D9BA.JPG
E919252B-C1F9-40BF-80C0-E555F853EA1F.JPG
6C4B037C-C143-4036-B9D5-77DB2CDD2C53.JPG
9E467D18-7DEB-4AC4-B5E0-20AFC3221DFE.JPG
BFBB21D2-116A-4AC8-A55E-95872A3AFD0E.JPG